熊本の新築一戸建て、注文住宅、リフォーム、リノベーション等で実績多数。将来も安心できる住まいづくりが信条です。

Good Quality,Good Price人生100年時代の家づくり My Home My Room My Style
株式会社ライトワンクリエイト 熊本市中央区大江5丁目15-7-1Fフリーダイヤル 0120-808-827

屋根プラン

屋根、気になってませんか?

□ 屋根の葺き替えを考えている方
□ 屋根の退方、劣化が気になる方
□ 屋根の補強を考えている方
□ 軽くて強い屋根に変えたい方
□ 屋根のメンテナンスが気になる方

無料診断・無料点検 実施中!

特別価格プランのご案内

スレート屋根塗り替えプラン  297,000円(⾜場含)

⽊造2階建・屋根⾯積70㎡

和型⽡葺き替えプラン / 平板⽡葺き替えプラン
スレート屋根完全修復プラン / 和型⽡・平板⽡葺き直しプラン
ジンカリウム鋼板・ガルバリウム鋼板プラン(カバー⼯法あり)詳しい事例・プラン一覧
全⼯事保証付きで安⼼
ご満⾜いただかない場合、 全額返⾦致します。 (弊社弁護士が対応致します)
 屋根診断無料です 
専⾨⼯事ではないからこそ、屋根以外の点検や補修や修繕も⾏えます。
お住まいの気になる部分は、何でもご相談ください︕
 相見積もりOK! 
3パターンをご提案します。他社と比較してください。

屋根リフォームプラン

➡ 屋根の葺き替えを考えている方
➡ 屋根の退色・劣化が気になる方
➡ 今後、屋根のメンテナンスにお金をかけたくない方
➡ 屋根瓦の補強を考えている方
➡ 軽くて強い屋根に変えたい方

このような、お悩みや不安を感じていらっしゃる方へ

屋根リフォームプランのご提案です。

どのような状態になった時に、補修やリフォームが必要か。
また、どのような解決方法や工事方法があるのか。
そして、どれくらいの費用がかかるのか。
事例とともにご確認ください。

【屋根材の種類】
屋根材の種類は、陶器系、セメント系、スレート系、金属系の大きく4つに分類され、それぞれ、
特長や工法、価格に違いがあります。
ご自宅の屋根が、どの屋根材なのかご確認ください。

【症状と原因・⼯事⽅法】

屋根材の種類によって、「劣化の状態」や、「⾬漏りと疑われる症状」、「箇所と原因」 は様々です。
その判断や対策⽅法を誤ると、的確な対応ができなくなるので、注意することが重要です。

事例1. -陶器瓦 Ⅰ-

【症状と原因】

2階天井から雨漏りが発生したため、その箇所を開けて色々と調べられたそうですが、原因がわからず、どうし
たらよいか迷われていました。

弊社の新聞折込チラシをご覧になられたのがきっかけで、調査させていただいた事例です。
屋根に上り、調査を行いました。

     
  通称 “谷”といわれる箇所の銅製の板金 が酸化し錆びて穴が空いていました。   ここからの雨漏りが原因でした。  

【工事方法】

瓦の取替えや葺き替えは必要なく “谷” の板金のみの交換で対応できました。
部分的に瓦を剥ぎ取り、銅板撤去 ⇒ 防水シート ⇒ ステンレス板金⇒ 瓦をもとに戻して完成です。

ワンポイントアドバイス

⾬漏りが起こった場合、その原因ばかりでなく、後始末や、その後の点検やメンテナンスが重要です。
1ヶ所が解決しても、次に起こる可能性が充分あるからです。
その場限りではなく、将来的に管理してくれる業者さんが安⼼です。

【工事費用】

・谷瓦 葺き直し(既存瓦使用) 4.5m
・ステンレス谷板金取替え 4.5m
・天井ボード・クロス貼り

【工期 2日】            特別価格 139,000円(税込)


事例2. -陶器瓦 Ⅱ- 

【症状と原因】

築50年を過ぎた家屋は、土を多量に用いた屋根があります。
そのため、現在のように釘やビスを使って固定されていない瓦も多くあります。
地震や台風などの災害から家を守るためにも、早めの対策が必要です。

【工事方法】

屋根全体の葺き替えです。
葺き替えで重要な事は、下地がしっかりしているかどうか確認することです。
瓦一枚一枚をしっかり固定します。下地となる木材にビスが効かなければ、災害に強くなりません。

ワンポイントアドバイス

築30年を過ぎた建物は、屋根外壁以外に、水道管などの腐食やサビなども発生します。
すると、電気温水器やエコキュート、ガス給湯器などの熱源機に大きく影響することも考えられます。
日頃から、見えない部分の点検やメンテナンスが必要です。

【工事費用】

屋根:175㎡ 屋根形状:入母屋
・既存瓦解体撤去 ・陶器防災平瓦葺き ・防水シート ・本棟・隅棟葺き 他取合い
・瓦処分費 ・仮設足場 ・諸経費

【工期 3週間】         特別価格 2,250,000円(税込)


事例3. -セメント瓦 Ⅰ-

【症状と原因】

台所の天井に、シミができクロスの剥がれと変色が見られます。雨が強い時には、ポトンポトンと天井に水が落ちているような気がしていたそうですが、
しかし特段の症状が無かったため、さほど気にされること
なく放置されておりました。

弊社には、キッチン交換のご依頼があり、その際に屋根に上がり調べてみました。

壁際の瓦の“割れとズレ”による、雨漏りのシミと判明しました。

【工事方法】

この瓦は古く廃盤となっていましたが、3枚ほど予備で保管されていたため、1枚のみの交換です。
セメント瓦は、廃盤となってしまっている製品も多くあり、そのような場合は、図のAの割れている瓦を交換します。
割れている瓦Aの箇所には、サイズと形状が似た別の瓦を施します。別の瓦は、外からの見た目もありますので壁際の目立たない所に設置するよう心掛けています。

ワンポイントアドバイス

家の内部への雨漏りは、【シミ】のような症状が出ないと分かりづらく、少しずつ広がるシミであれば尚更です。弊社は、クロス職人の経験から、壁紙を貼り替える時点でその状態が判断できます。
クロスの下地は石膏ボードのため、水を含むと約1ヶ月~3ヶ月のF間でカビが発生しますので、漏水が始まった時期をおおよそ特定でき、解決のためのご提案ができます。

【工事費用】

予備瓦使用の場合
・瓦交換1枚(予備瓦使用)

【工期 1時間】             特別価格 7,560円(税込)

瓦廃盤の場合
・瓦交換2枚(別瓦使用)

【工期 1時間】             特別価格 8,640円(税込)


事例4. -セメント瓦 Ⅱ-

【症状と原因】

 

屋根と平行の ”本棟” と呼ばれる部分のズレ
 

傾斜している “隅棟” と呼ばれる部分のズレ
 
漆喰の剥がれた状態は、長年の風雨や、地盤の揺れなどに
よって起こります。
こちらは、点検によって発覚したため、既存の瓦を使った
施工方法をご提案。
大事になる前の予防として施工させていただきました。

【工事方法】

本棟・隅棟の瓦を撤去 ⇒ なんばん漆喰 ⇒ ステンレスワイヤー固定 ⇒ コーキングの手順
で進み、最後に瓦をもとに戻して完了です。

ワンポイントアドバイス

予定されていたご予算より安く出来上がったことから、以前から気にされていた和室のジュラク壁の
塗り替えや、網戸の張替え、キッチン水栓の交換、ドアノブ交換のご依頼を賜りました。
屋根工事と同時にできたことで、お客様に大変喜んでいただきました。

【工事費用】

セメント棟瓦修復
・本棟瓦 8.6m ・隅棟瓦 15.6m ・副資材(漆喰等) ・既設瓦剥ぎ・移動
・資材運搬・荷揚げ等 諸経費

【工期 2日】            特別価格 311,000円(税込)


事例5. -スレート系 Ⅰ-

【症状と原因】

2階の洋室天井にシミができたため、屋根裏の点検を
行いました。
屋根材を固定している釘からの雨漏り跡があり、下地
木材の腐食も見られました。
屋根を確認すると、棟部分を保護する板金の継ぎ目の
シーリング材の劣化とカビの発生を確認できました。
原因のひとつに経年劣化もありますが、もともとの屋
根の勾配(傾き角度)に適していない屋根材であるこ
とも発覚しました。

【工事方法】

このような場合、ここまで劣化や腐食が進んでいると、部分補修は困難であり、下地の腐食により
カバー工法もお勧めできないため、ジンカリウム鋼板への葺き替えになります。
既存屋根材の剥ぎ取り ⇒ 下地材の交換 ⇒ 防水シート貼り ⇒ ジンカリウム鋼板へ葺き替え

ワンポイントアドバイス

弊社では、屋根工事の際、足場を設置しますので、外壁や雨樋の点検や洗浄をおすすめしています。
汚れて見えなかった亀裂や剥がれなどが判明した事例も多くあり、その場で解決できる場合もあるか
らです。特に、ベランダ排水は要注意です。防水材の劣化や、枯れ葉などのつまりで漏水の原因とも
なります。同時に対応できる業者選びが重要です。

【工事費用】

屋根面積:130㎡ 屋根形状:寄棟
・既存屋根材 解体撤去 ・下地合板貼り ・防水シート貼り ・ジンカリウム鋼板貼り
・各所板金 ・仮設足場 ・諸経費

【工期 2週間】         特別価格 1,490,000円(税込)


事例6. -スレート系 Ⅱ-

【症状と原因】

築25年経過した屋根の状態です。

築15年後には、一度塗装をされたとの事ですが、色褪
せが進んでいます。
一度塗装をされた割には色あせが激しいため、当時の塗
料か施工方法に要因があったと考えられます。

しかし、点検の結果、素材の劣化は進んでいなかったた
め、この場合は、塗り替えと判断しました。

【工事方法】

スレート屋根を塗り替える場合、注意しなければならない点があります。
上記画像(赤丸の箇所)「タスペーサー」 という部材を取り付けることです。
スレートの屋根材は表面に溝があり、この溝は屋根材の下に雨水が侵入した際に排出します。
何度も塗り替えをすることで、この溝を塗料でふさいでしまい、雨水の逃げ場がなくなるので屋根下地
の腐食や雨漏りにつながります。

ワンポイントアドバイス

このスレート系の屋根材は塗装が主流ですが、工法を誤ると後々のメンテナンスに影響します。
塗装専門店でも上記の部材を使用しない業者もいます。金額だけの判断は禁物です。

【工事費用】

面積70㎡ 外壁160㎡
・高圧洗浄 ・屋根外壁シリコン樹脂塗料 ・仮設足場 ・その他工事

【工期 14日間】          特別価格 817,000円(税込)


その他の事例

【戸建て:セメント瓦を防災瓦へ葺き替え】

【工事費用】

屋根191㎡ 外壁145㎡
・屋根葺き替え
・外壁サイディング張替

                 特別価格 3,220,203円(税込)

【戸建て:塗装瓦をジンカリウム合板へ葺き替え】

屋根106㎡
・屋根葺き替え
・各所板金

                 特別価格 1,278,612円(税込)

【アパート:シングル屋根をガルバリウム鋼板へ(カバー工法)】

屋根164㎡ 足場580㎡
・カバー工法
・各所板金

                 特別価格 2,165,400円(税込)

【クリニック:スレート屋根をジンカリウム鋼板へ(カバー工法)】

屋根298㎡
・カバー工法
・各所板金

                 特別価格 3,113,000円(税込)





フォームでのお問い合わせ
  • ライトワンブログ
  • お客様Q&A
  • 住まいづくりガイドブック
  • メーカー協賛スペシャルキャンペーン
  • 提携施工業者様募集!
  • 新築各種プラン
  • リフォーム各種プラン
  • Mr.職人さん
  • 住まいのお手入れ情報
  • プライバシーポリシー
  • サイトポリシー
  • お支払い方法
  • 特定商取引に関する表記
  • サイトマップ
  • オンラインショップ
PAGE TOP